スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
『ふれあい観劇会』での新作発表のお知らせ
2018/08/19(Sun)
平成30年9月9日(日)に
大垣のスイトピアセンターで開催される
『ふれあい観劇会』(西濃蓄手をつなぐ育成会主催)に
今年も出演いたします。

わたしたち劇団・ドキドキわくわくにとって、
1年ぶりのステージ公演です。

そして、2年ぶりとなる新作の
お披露目となります。

タイトルは『こえるよ!今を!』

そして注目のテーマは・・・


「腕一本の距離」や「規則」に縛られないで
‘今の自分を越えていく’ 
そして
‘今!が越えるとき’
という思いが込められています。

学校で指導された「男女は腕一本の距離をとる」・・・
 大人になっても離れなきゃいけないの?
 好きな人ができたらどうする?
 そもそも障がいのない中高生は仲良く歩いているのに…
 どうして障がいのある自分たちにだけ
 先生は「男女は離れろ」って言うの?…

先生や指導者の言葉が記憶から消せず自分と葛藤し、
学びと苦しみを繰り返して今の自分を越えていく!

今の自分を越えようとする私たちを観に来てください

演じる仲間たちにとっても
わたしたちスタッフにとっても
ドキドキわくわくです^^;

是非、足を運んでください。
お待ちしております。


日 時:平成30年9月9日(日)
     13:05開演(12:30開場)

会 場:大垣市スイトピアセンター 音楽堂
  (岐阜県大垣市室本町五丁目51番地)

入場料:無料(全席自由)

出演団体:
      劇団・ドキドキわくわく、劇団そらまめ、
      ピュア☆ドリーム・エンジェルズ
      劇団でこぼこ凸凹、ふれ愛の家


チラシ
20180909_2.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | ♪お知らせ | CM(0) | ▲ top
第1回ボラさんと楽しくすごそう
2018/07/07(Sat)
 以前にもこのブログで紹介いたしましたが、
わたしたち劇団の仲間たちは、
劇団内で5つの専門部会に分かれ、それぞれ活動しています。
(専門部会とは、学校でいう委員会のようなものです。)

専門部会のうち”演劇村”部会の主催で
7月1日『第1回ボラさんと楽しくすごそう』が開催されました。

岐阜大学と日本福祉大学の学生さんが10名、
ボラティアさんとして参加して下さいました。

①劇の中身を知ってもらう
②仲間を知ってもらう
③学生さんを知る

ということを目標にボラさんと過ごしました。

午前中
劇団の新作の舞台稽古を見てもらう【①】

昼食
5つの専門部会グループに分かれ、ボラさんには
2人ずつ入ってもらって一緒にランチタイム【②、③】

午後
IMG_6732.jpg
☆自己紹介【②、③】
 3つだけ自分のことを書き、全員の前で発表。
 
 自己紹介を文にするには、なかなか難しいですが、
 3分間で、3つだけ書いて、それを言葉にするということは
 仲間たちも意外にサッサとでき、堂々と発表できました。
 ボラさんたちのこともちょっと知ることができて、
 ちょっと距離がちぢまってきました。
 ただ、10人もいるから覚えきれないかなぁ^^;
IMG_6734.jpg IMG_6739.jpg 
IMG_6744.jpg IMG_6746.jpg 
IMG_6748.jpg IMG_6749.jpg
IMG_6743.jpg

☆フォークダンス【②、③】

 オクラホマミキサーを踊る。

 驚いたことに、初体験の学生さんもいっぱいいました。
 劇団の仲間たちは十八番のフォークダンスなので、
 堂々とエスコートしてましたよ。
IMG_6759.jpg  IMG_6781.jpg


☆サイコロゲーム【②、③】
 劇団員おなじみのサイコロゲームです。

   1→ハグ
   2→握手
   3→肩ポン
   4→ほっぺを優しくなでる
   5→頭をなでる
   6→キス
 目の数にしたがって、スキンシップをするゲーム。
 必ず『いいですか?』『いいですよ。』と
 相手の同意を得てからというルールで行います。
 ”おつきあい”の学習です。


 サイコロの目が出るたびにボラさんも仲間もドキドキ。
 なんと4回目で 『6』が出ちゃいました。
 キスをした仲間は一人だけ。
 お互い同意がなければかなわないものですからね^^

IMG_6764.jpg IMG_6784.jpg IMG_6791.jpg


☆ボラさんたちからの感想
【①、②、③】

この日の総合司会は、演劇村のMさんが担当してくれました。
緊張しながらも、原稿になかったことも難なくこなせました。
マイク一本で、約60名(劇団員27名+ボラさん10名+保護者他25名)の
人数を動かすって大変なこと。
大きな自信につながりました。
IMG_6792.jpg 

今年度は、あと3回、”ボラさんと楽しくすごそう”の企画を
計画中です。
次回をお楽しみに      


 
この記事のURL | ●専門部会 ”演劇村”主催活動  | ▲ top
今度のドキわくの劇は、いつもと違うよ^^
2018/06/04(Mon)
待ちに待った新台本を手にしたのが1月14日。
武子先生、保護者のYさんとUさんが
半年近く日夜検討を重ね、制作してきたものです。

YさんとUさんは、前作同様演出も担当してくれています
(いち保護者であるにもかかわらず、
台本制作に演出に、毎日のようにマックやLINEで打合せをし、
練りに練ってくれて、私たち他の保護者は、本当に頭が下がります

そして、台本は、まだまだ完成ではなく、進行形。
練習をしながら、
少しずつ変えていっています。

昨年度より、仲間たちは5つの専門部会を作り、
28名全員がどれかに属しています。
その専門部会の1つに台本係の専門部会があり、
現在5人のメンバーで構成されています。
大道具に何が必要かなどを考えたり、
台本に関して少しずつかかわっていくことにしました。

まずは、1月28日に台本係が配役を発表。
また、台本タイトルは決めずに、仲間たち全員から募集し、
台本係で検討し、発表することにしました。

さて、今回の台本。
いつもと違う演出がいっぱいあって、ドキドキわくわくです

たとえば。。。。

 ・ドラムが得意という設定の”勇次”役のNくん、
  実際にドラムを劇中でたたくというパフォーマンスがあります。

 ・”隆”の頭の中の困惑状態をラップで表現します。
  8人のラップチームがラップのリズムに乗って

 ・劇中でレッドダンスパーティと称し、ドレスコードレッド。
  赤いものを何かしら身に着けて、フォークダンスを踊ります。
  仲間たちは、どんな赤いものを用意してくるかな。

 ・エンディングで。。。。。。。劇を観てのお楽しみ

いよいよ6月下旬から舞台稽古も始まります。
9月の大垣での初演に向けて
仲間たちも練習に熱が入ってきていますよぉ

ドキわくの新作に乞うご期待
a.jpg b.jpg c.jpg



この記事のURL | ♪お知らせ | ▲ top
ぎふハチドリ基金活動報告会
2018/06/04(Mon)
4月21日(土)に平成29年度のぎふハチドリ基金助成事業の報告会が、
メディアコスモスで開催されました。

私たちの劇団の仲間のHくんとMさんが、
代表として活動報告をしました。
この日は岐阜市長の柴橋正直氏も招かれた中、
緊張することなく、堂々と発表できました。

助成金は、こちらのブログでも紹介いたしました『演劇村わーk』の活動を通して
有意義に使わさせていただきました。

発表後は、市長も交えて、
グループに分かれ、交流を図りました。

参加した2人は、
とても貴重な経験をすることができました。


20180421hachi (6) 20180421hachi (8)
20180421hachi (4) 20180421hachi (2)
20180421hachi (3) 20180421hachi (5)


この記事のURL | ♪ぎふハチドリ基金 | ▲ top
第3回演劇村ワークショップ
2018/02/24(Sat)
劇団風の子さんを迎えての3回シリーズワークショップの
いよいよ最終回を2月18日(日)日光コミセンにて開催いたしました。

3回目ともなり、風の子さんのスタッフさんのお名前も
仲間たちは覚え、顔馴染みにもなり、
よりリラックスして臨めました。

前回に引き続きストレッチ、アブラハムの歌
 IMG_6072.jpg 
 IMG_6087.jpg

じゃんけん列車
IMG_6102.jpg

動物早口あいうえおwith感情、
くっつき虫ゲーム
IMG_6138.jpg  IMG_6133.jpg IMG_6128.jpg



目からの情報の集中力を高めるための”人間間違い探し”
IMG_6116.jpg

続いて ”耳”の集中力を高めるため”誰が手をたたいたかな?音の方向を当てよう”ゲーム
IMG_6110.jpg 
 
グループごとにお題を体で表現。
動物園                           ボーリング
IMG_6155.jpg IMG_6158.jpg

クリスマス                   赤ずきん
IMG_6160.jpg IMG_6166.jpg

結婚式                          シンデレラ
IMG_6168.jpg IMG_6173.jpg



演劇村ワークショップ担当のドキわくの仲間たちも
準備や司会など、活躍してくれました。
IMG_6067.jpg


この3回のワークショップを通し、
普段劇団で演じる”人”ではなく、
動物やモノや事柄についても(=主役でなくても)、
五感をとぎすまし、まわりと協力しあい、
体で表現するということを
遊びながら、体得しました。

講師としてご協力いただいた”劇団風の子”さんには、
ご多忙中、打合せに時間を割いて下さり、
楽しいプログラムにしていただき、大変感謝しております。
有難うございました。




この記事のURL | ●専門部会 ”演劇村”主催活動  | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。