第1回演劇村ワークショップ
2017/11/19(Sun)
11月5日(日)西部コミセンにて
第1回演劇村ワークショップと題して、
講師に劇団風の子さんを迎え、ワ-クショップを開き、
多くの仲間たちが苦手とする他者とのかかわり方を
学びびました。

学んだこと
手や体を使ったり、新聞紙やお手玉を使ったりした遊びを通して、
相手の顔を見て、
相手に気持ちを伝えることや、
相手の気持ちを受け取ること。

相手の顔を見なくとも(背を向けていても)
相手の声などで相手の気持ちを感じとること。

具体的な活動
★前半は、 個々での活動とペアでの活動
  ①手を使って講師の方の手の動きをまねる。
  ②大きな輪になり、講師の方の声かけに従って、前後左右と体を動かす。
  ③新聞紙を使った遊び
   ・新聞紙上に乗って、講師の方とじゃんけんをし、
   負けたら、新聞紙を1つ折っていき、いかにバランスをとって
   新聞紙上に立っているか。
   ・新聞紙を体にあて、手で持つことなく、新聞紙を落とさず、前進する。
   ・2人組で、新聞紙でできたボールを新聞紙でキャッチをする。
   ・新聞紙上に一体何人が乗ることができるか。少し詰めることでさらに乗ることができる。
   (ぎゅーっと寄り添い、なんと10人乗れました。)
    ↓
 まねる相手のことを 見る。
 相手が次どう動くかを考える。相手を思いやる。

★後半は、5つのグループに分かれて活動
  ①お手玉のキャッチボール
   ・相手の名前を呼んで、相手に向かってお手玉を投げる/受け取る。
  ②背中を向けているどのグループに声をかけたのか、当てるゲーム
   ・5つのグループのうち4つのグループが背中を向けてすわる。
    1つのグループがある1つのグループに向かって
    『元気ですか~!!』と声をかける。
    自分のグループに向かって声をかけられたと思ったら手をあげる。
    ↓
 相手の気持ちを受け止める/伝える/感じる。

第1回目の開催ということで準備が大変でしたが、
非常に濃い内容の活動になりました。
劇団風の子さん
劇団ドキドキわくわくの演劇村担当の仲間たち、
保護者スタッフさん大変お疲れ様でした。

※こちらのワークショップは”ぎふハチドリ基金”の助成金を活用して開催されました。
次回は1月の開催予定です。

活動の様子
20171105 (18)20171105 (29)20171105 (24)
20171105 (13)20171105 (46)20171105 (40)
20171105 (43) 20171105 (32)
20171105 (27)  20171105 (31)








 
この記事のURL | ●学習会 | ▲ top
| メイン |