スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
講演とワークショップの報告
2014/04/20(Sun)
4月13日(日)開催された「障がい児・者が輝いて生きていく力を育むための
講演とワークショップ」に多数の方々に参加いただき、盛況のうちに終わりました。

 ・仲間(当事者)の部 参加者45人
 ・支援者、保護者の部 参加者37人

●仲間(当事者)の部
ストレッチ体操や発声練習のあと、グループに分かれて寸劇の創作をし、
最後に、支援者・保護者たちにその劇を披露しました。
おなじみの話(さるかに合戦、白雪姫、桃太郎)の場面をセリフなしで
自分たちの体を使って表現するという難しい課題でしたが、
自分に与えられた役割を体中で表現し、どの仲間も生き生きとし、
楽しく輝いていました。

●支援者・保護者の部
劇団『風の子』の西川典之さんに講演いただき、私たちは、多くのことを学ばさせてもらいました。
 ”人より早くできることが大事なことではない。”
 ”表現することには、これはダメ、これは間違っているということはない。”
 ”表現することによって、心と体を解放し、楽にすることができる。”
などなど。
また、お手玉もし、皆さん、童心(?)にかえり、
お手玉の楽しさ、そして集中することの難しさを再発見もできましたし、
下手でもいい、楽しくやることが大切なのだということを
身にしみて学ぶことができたと思います。


劇団風の子の皆様、参加いただいた皆様、どうも有難うございました。

20140413003_convert.jpg

20140413005_convert.jpg




この記事のURL | ●学習会 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。