はじめての通し稽古
2014/08/03(Sun)
本番は9月7日。
あと3回しか稽古がないという今週。
初めての通し稽古をしました。

オーディション(3月9日~3回)

台本読み合わせ(5月25日~2回)

本格的に動きをつけての練習(6月15日~5回)

初通し稽古(8月3日)

源さんの演技指導が始まってからまだ5回しか練習をしていない上、
週によっては時間がなく、
まだ一度も通しでの練習をしていません。

きょうは、先週できなかった最後のシーンの場面練習を終え、
「最後まで通しでやってみるよ。」の源さんの一言で
仲間たちよりサポートする親たちの方があせり始めました。

マイクもち担当は
小道具は
このシーンの次の出番は誰
下手でいいの
上手でいいの

源さんや先生、まっくん、親たちの殺気を感じたのか
仲間たちの間には、いつもよりは緊張感が漂っていました。

そんな中、Wくんが所定の立ち位置におらず、
練習が中断しました。
すかさず、源さん、先生からお叱りの言葉が飛びました。
そして、さらに仲間のTくんから一言『喝』が入りました。
「そんなこと(うろうろして出番のときにいない)では、演劇をする資格がない!」と。
劇団全体のことを思っての愛ある一言。
殺気を感じたWくん、ごめんなさい、ごめんなさいと何回も謝って練習再開。

初めての通し稽古は1時間近くかかってしまいましたが、
なんとか最後まで演じきることができました。
(最後のシーンのK くんの今日の演技は、迫真に迫るものがありました

あと2回で本番だなんて、大丈夫かなぁ(><)

いえいえ、きっと彼らはやってくれるはず


この記事のURL | ♪活動の様子 | ▲ top
| メイン |