レポート学習会
2015/04/27(Mon)
4月26日(日)ハートフルスクエアG会議室にて
中部学院大学教授別府悦子先生をお招きし、
『レポート学習会』を行いました。

当劇団員Tくんの母が、去る2015年3月8日に開催された
障がい児・者性教育セミナーin名古屋の分科会で
Tくんの生い立ちから現在のTくんのことをレポートにし、
発表をしました。

この日の学習会では、Tさんにこのレポートを再度発表していただき、
『レポート』を書くことにより、その子の過去を振り返り、
現在の課題の背景にあるものが何なのかを知ることで、
どう支援・解決すべきかの糸口を見つけるきっかけになることを学びました。

意見交換タイムでは、
我が子の生い立ちを振り返り、
同じようなつまずき、悩みがあったこと、
学校側(教員側)で見解の相違があったことなどがあげられ、
共感した方が多くいました。

別府先生からは、
「トラブルが起こった際、
過去を振り返らないと原因がわからない。
そのためにもレポートを書くことは大切。
失敗した事を振り返り、
次回はそうしないように努めることが大事。」
また、教員の方々に対しては、
「”皆違って皆いい”をもっと学校教育で実践すべきであり、
現状でいいのかを振り返って欲しい。」
と述べられていました。

そして渡辺先生からは、
「一人ひとりの生い立ちが一つ一つドラマで大事な物語。
自分のダメなところを1つ1つさらけ出すことで、
自分を否定せず、ありのままの自分でいいのだということを
わからせてあげる必要がある。」
とお話がありました。

この学習会をきっかけに
レポートを書いてみようかな?」と思った方々も多かったのでは?


IMG_2339.jpg


この記事のURL | ●学習会 | ▲ top
| メイン |